小田原に移住したよ。

小田原移住日記

唐突な転職で小田原に引っ越した男の顛末

土曜味スタ大会→味スタ練習試合

土曜日は,朝から味スタで大会。

去年の12月に行われた予選大会の優勝チームが集う,決勝大会とのこと。

僕は予選はでなかったからレベルがどんなもんか知らなかったんだけど,

あまり高くはないと聞いたので,気楽な気持ちで参戦。

会場は味の素スタジアムの中。

観客席降りて直ぐのトラックに白線とゴールがある。

人工芝。

初戦。

小関のシューズ,及びスネ当て忘れ等があり,

審判と相手が揃ってるのに僕とのぶさんしかピッチにいないという大ピンチ。

試合は3人揃わないとできないらしく,「3分だけ待って,来ないと不戦敗」と告げられる。

ようやく到着したアベさん,小関,ひろさんは,観客席で着替え。

残り2分。

チンタラ着替える3人に,久しぶりにちょっとだけ怒った僕。

何とかギリギリで間に合った。

待たせてしまった対戦相手と審判に申し訳無い気持ちに。

すみませんでした。

試合は6点取って快勝。

2試合目4-0,3試合目6-1と快勝。

途中白金ヒサキャプ(観戦)や,あささん(レディース出場),金井さん(ミックス出場)と偶然会う。

あささんによれば,レディースは何やら大層強いチームがいる模様。

強豪チームの女子部とかなんとか。

あとでチラッと観戦したら,上手い子が何人かいた。

応援団ぽいのまで。

途中に練習試合×2や,シュート力コンテストに挑戦したり,

3on3やったりして楽しんだ。

シュート力の無さが改めて浮き彫りに。

知らない方が良いこともある。

トーナメントに入ると,のぶさんが私用で帰宅。

5人ぴったりになってしもうた。

準々決勝は,サッカー系のガツガツチーム。

1点先制されてドタバタしたけど,2点返して逆転勝ち。

ファウル気味の当たりがバンバン来たので,ちょっとイラっとした。

そして消耗した。

小関の良いシュートが決まって,良かった。

応援に来てたみきちゃん(彼女)もさぞかし嬉しかろう。

準決勝はシュート力コンテストでその日最高の108出してた若げな人々がいるチーム。

しかし,特に危なげなく3-1で勝利。

そして,決勝。

明らかに体力の落ちてきたオジサン軍団は,力入らず。

あべさんは特に疲労著しく,辛そうだった。

総じて球離れも悪くなる。とられても戻らないという悪循環。

ちょいとつまらない失点を2点くらってショボーン

それでも,終了間際に僕が2.5人抜いて逆際のファーに打ったのを小関が詰めて1点返す。

その直後,再度僕が1人抜ききって左足でシュート!が外れてゲームセット。

グガア。ヘボイ。無念。

練習試合入れて8分ハーフ(決勝は10分ハーフ)×7試合をほぼフル出場。

体力的,技術的に危ないプレーの目立つあべさんと,

攻守の切り替えが遅いヒロさんのカバー的な動きがメインでDFに忙殺された。

ただ,この日は前線の小関とヒロさんという事を考えると,

僕がバランスとる位置にいるのがベストだったと思う。

お疲れ様でした。

やっぱり交代ナシは辛いなあ。

最後は足がつりました。

商品はケルメのプラシャツ。

見に来てくれたマネージャーの分もちゃんとあって,

喜んでくれたので良かった。

終わった後は白金の練習試合。

みんなとすぐ別れて,隣のMFP味スタへ。

Mixで優勝したという金井さんに商品のパーカーを自慢された。

こんちくしょう。

この日の相手は関東リーグ選抜ともいうべき凄いメンバーの揃ったチームとのこと。

相変わらずフットサル事情に明るくない僕は,工藤さん,さとるさん,みんさんという事情通に

「あれは○○さんだよ。」というレクチャーを受ける。

時間が短く,15分3本しかできなかったけど,うまいプレイヤーの宝庫だったので勉強になった。

フトゥーロのわたなべさんという人が凄かった。

後ろに目がついてるような,よく分からんマタ抜きをしてた。

フーガの選手が右サイドのライン際から強烈なシュートを入れたのも衝撃だった。

DFついてたの平松さんだし,そんなに万全の状態じゃないのに,

GKの星野さんがほとんど反応出来ないシュートだった。

スゲー。

他の選手も,凄く動くし,ボールも取られない。

直前の大会で,疲労度MAXだったのが悔やまれるけど,

あれだけだったらヤリ足りないだろうと思うと,まああれはあれで良かった。

終わった後はウェンズデーの飲み会に誘われたけど,流石に辞退した。

何故なら日曜日も朝から東川口で大会だから。

そんで,夜から白金の練習だから。

ブヒブヒ。