小田原に移住したよ。

小田原移住日記

唐突な転職で小田原に引っ越した男の顛末

日曜選手権予選とスガナメカポー

日曜日は昼から選手権予選。

まるさんと武蔵小金井で待ち合わせし,バスで小金井公園へ。

小金井公園の中にある体育館が会場なのだ。

15時から試合ってことで,13:30に集合。

13:10くらいに公園口のバス停に到着。

バス停から少し距離があるので,のんびり散歩しながら向かってたら,

ほっしーさんからまさかのメールが。

「開始が14:00からに変更になってました」

ヒョー!

もう1時間もナッシントゥルーズ。

ちょっと早足気味に向かって,13:20くらいに到着すると,

まだほっしーさんとミンさん,くどさんしか来ていなかった。

他のチームは入念なアップの真っ最中。

どうやら僕らだけ本部から連絡が来なかった模様。

嫌われてんのかな・・・

必死のネゴシエーションがあったが,やはり開始時間は変えられないとのこと。

とにかく着替えて,柔軟体操をしながらみんなを待つ。

集合時間にはみんなちゃんと来て,試合は成立可能な状態に。

ただ,まともなアップは試合15分前のパス回しくらい。

選手権予選は4チームリーグで,計3試合。

1位と2位のワイルドカードが上位進出。

ここまで1勝1敗。

1位のところは3勝で行きそうだったので,可能性としては2位のワイルドカード

可能性としては低めだけど,勝たないと始まらない試合。

相手はFリーグのペスカドーラ町田サテライトチーム

くどさんのお知り合いらしい。

しょっぱなのコーナーキックから平松さんがまたとんでもないトーキック蹴りこんで先制。

最近開始直後に先制多いな。

結局平松さん,この日4点取った。

スゲー。

相手は足元が上手いし,速くて大変だったけど,なんとか5-3で勝利。

他のリーグの結果で,残念ながらワイルドカードは逃しちゃったけど,

3試合の結果をみれば,まずまずだったと思う。

僕はこの日はメンタル面が良かったので,

最初の入りから緊張せずにイイ感じで出られた。

試合前にチームがドタバタしてたから,かえって自分は落ち着けたのかも。

人の動揺を自分の平静に転換する男。

簡単に言うと嫌なやつ。

カウンター止められて失点と,最後のパワープレーで,

キーパーが深めでフリーになったから,マーカー外して当たりにいったら,

サイドにはたかれて中に戻されて決められた失点は悔しかった。

カウンター失敗は久松さんが右に見えてたんだけど,

少し躊躇ったらコース無くなった。

突破するにも中途半端だったし,味方も上がりかけてたから,

早いうちにはたいとけばよかった。

そんで,出すタイミング逃した後は無理せずキープだったな,あれは。

それでも,DFのカットやポジショニング,ラストパスがうまくいったのもあるから,

その辺は継続していきたい。

後はシュートをもっともっと。

終わった後はミンさん,しゅんすけさん,まるさん,かないさんとガスト飯。

試合後のミーティングで中島監督から早くも来期に向けての提言があったため,

白金の来年度構想について話をしたりした。

ミンさんは野球がやりたいとのこと。

しゅんすけさんカーで武蔵小金井まで送ってもらい,帰宅。

ありがとうござんした。

家で飯食いながら,思いついてスガナメに電話。

マネジより,長野在住の彼女が上京中との情報を得ていたので,邪魔してやろうと思った。

電話繋がると,彼女と月島でもんじゃ焼きくってるとのこと。

ファック!いや,ポーハ!

車を飛ばして月島へ向かった。

月島に着いて,車停めて待ってると,

手を繋いだアホ面の2人が登場。

スガナメ彼女(あやか)とは2度目の対面。

初対面は2年くらい前に,当時長野で働いていたスガナメ家に遊びに行ったときのこと。

スガナメの車の助手席を奪い合い,見事僕が勝利した,あのとき以来だ。

車に乗り込む2人。

スガナメが助手席に座り,あやかが後部座席。

そして,なおもいちゃつく2人。

フルスピードでブリリーンと右カーブを曲がって道路に放り出してやろうかと思った。

テキトーな居酒屋見つけて,入った。

2日連続,飲めないのに居酒屋だ。

居酒屋でもいちゃつきはとどまることを知らない。

ちょっと本気で気持ち悪かった。

高校サッカー部時代,桑田のようにボールにブツブツ喋りかけていた男の面影は,もう無い。

2人を追求していじめてやろうと思ったんだけど,

意外とあやかが手強く,逆に攻め込まれる時間帯が長かった。守勢。

スガナメから情報が筒抜けになっているらしい。

そりゃそーだよな。畜生。

ちなみに二人の悩みは、すがなめの体臭の変化らしい。

あやかによれば、前の体臭は好きだったのに、最近なんだかスッパイにおいがするとのこと。

それは、加齢臭というやつでは?

遂に同年代から輩出されたか。

結局,終始ベタベタを見せつけられた上で,傷をほじくられるという,散々な結果となった。

完敗。

悔しかったので,この前の陶芸の作品が家に届いたら、

スガナメが作成したカレー皿を叩き割ろうと思う。